アイコン これで完全攻略!童貞クンとするときのポイント

2017.03.21

これで完全攻略!童貞クンとするときのポイント

付き合った相手が、必ずしも恋愛経験豊富とは限りませんよね。そう、好きになった相手が童貞クンなんてことも珍しいことではないのです。そこで今回は、童貞クンとエッチするときのポイントをご紹介。上手にいけば、いずれは彼にリードしてもらえるようになるはずですよ。

ムード作りはリードする

エッチを開始する前のムード作りは、いつまでたっても何回体を重ねても大切なことですよね。彼が童貞クンの場合、右も左もわからず知識と言えばAVで見たプレイか、ネットで得た情報頼りであることがほとんど。

もちろん、相手も調べられるだけ調べて大切なことやNGなことは勉強してきているはずですが、実際にいざ!という雰囲気を感じると、緊張してしまってうまくいかないということも少なくないようです。

雰囲気作りから、ボディタッチ、キス。まずは、こういった流れをリードして、彼があなたに触れやすい状況を作ってあげましょう。「ゆっくりして…」と小声で伝えれば、彼もリラックスできるはずですよ。

すべてを彼任せにしない

いつも男子が「して」というまで自分からは動かないという方も、童貞クンが相手ならある程度のポイントで交代してあげるのが◎。

男子にありがちですが、エッチは気持ちよくないと!と躍起になりがち。でも女子の「気持ちいい」を童貞クンが理解するのって、ハードル高めだと思いませんか?

 1~10までこちらがリードしてしまうと、彼のメンツがつぶれてしまいますから、身を任せられるとことは任せて、ある程度の時間がきたらこちらからも彼を気持ちよくしてあげましょう。

触り方は彼の手をつかってレクチャーする

こちらへのアプローチは、彼に任せたり言葉で説明するよりも、彼の手を引いてレクチャーしてあげたりするのが効果的。

ここをこう触ってほしい、こうすると気持ちいい……。そういったことを、流れも含めてちょっとだけアドバイスしてあげましょう。

ガイドがあれば、彼も安心できるはず!次からは、それをなぞって攻めてもらえます。初めてのエッチですから、強すぎたり痛かったりする場合には、伝えてあげるのが◎。もっとこうしてという希望があれば、その都度耳元で囁くように伝えてあげましょう。

喘ぎ過ぎない

雰囲気を盛り上げたいときにあえて喘ぐなんて方も多いのではないでしょうか?声を出すことで、自分自身も敏感に感じることができたりしますよね。

でも、彼が童貞クンの場合あまり安易に喘ぎ過ぎると、「これってそんなに気持ちいいんだ!」と勘違いさせてしまうため要注意です。

はじめのうちは、気持ちいいこととイマイチなことをハッキリさせておくのが◎。彼が実際上手くなり始めたら、素直に感じる声を出すよう心がけましょう。少しずつ声を出していけば、彼にも自信がつきますよ。

おわりに

彼のはじめての相手となれば、逆にこちらが緊張してしまうというケースも珍しくありません。今回ご紹介してポイントをおさえておけば、きっとスムーズにエッチを進められるはずですので、彼との前夜にはもう一回チェックしてみてくださいね!(織留有沙/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事