アイコン 彼が触れられるのをイヤがる部位を上手に愛撫するには?

2017.03.21

彼が触れられるのをイヤがる部位を上手に愛撫するには?

エッチのとき、あなたがふとした瞬間に触れると極度にイヤがる部位ってありませんか?他人に触れられることに慣れていない、くすぐったいなど、理由はさまざま。でも、「触らないで!」なんて言われると、少し悲しい気持ちになりますし、「心を開いてくれていないのかな?」なんて勘ぐってしまいます。
今回は、彼が他人に触れられるのをイヤがる部位を上手に愛撫する方法についてご紹介します。

「耳」は甘噛みして

耳はくすぐったいから触られたくない!という男性は多いかも。実は、〝気持ちいい〟と〝くすぐったい〟は紙一重。くすぐったがりの彼への耳たぶを攻めるには、甘噛みがいいでしょう。
耳たぶをやさしく噛んであげてください。いきなり耳に唇を持っていくと身構えてしまう男性もいるので、「ねぇねぇ」などと耳打ちする素振りをして、彼の耳に顔を近づけ耳たぶを軽く噛んでみてくださいね。

「足の指」はマッサージしながら

指を触られることで感じるという人は、実は少なくないかも。セックスの際、手の指を絡めてきたり、舐めさせたりしたがる男性はいませんか? 
でも、手と違って足の指を触られたり舐められたりすると抵抗を感じる人は少なくなさそう。そんな彼には、まず足をマッサージしてあげてみてください。足の裏のツボを押しながらふくらはぎや足首にキス。そのまま足の指をほぐしたり、口付けしてあげてみてくださいね。

「首筋」は彼のモノを愛撫しながら

首筋も攻められると気持ちのいい部位なのですが、耳と同じようにくすぐったいから、と抵抗のある男性もいるかも。
首筋を攻めたいときには、彼のモノを手で愛撫してあげましょう。彼はそちらの気持ちよさに全神経が集中しているので、首筋の刺激がいいスパイスになるはず。くすぐったささえ快感に変わってしまうことでしょう。

「お尻」は徐々に攻めていって

男性が一番触られて抵抗がある部分はお尻なのかも知れません。お尻周辺は汚いから、大好きな彼女には触らせたくない!という人が多いかも。そんなお尻を攻めるときは彼のモノを口で愛撫しているときがチャンス。彼のモノを口で愛撫するときに、男性器と肛門の間をやさしく舐めてあげましょう。
この部位は〝蟻のとわたり〟と呼ばれています。舐めながらやさしくお尻を触ってあげてみてください。舌を這わせる範囲を段々と広くしていってみてくださいね。

攻め方次第で彼は快感を覚えるかも!

彼が前戯で触ってほしくない部位も、触リ方次第では感じることもあるよう。上手な攻め方で、彼に新たな快感をプレゼントしてあげましょう。(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?

関連記事