アイコン ワンナイトになりやすいのってどんなシチュエーション?

2017.03.20

ワンナイトになりやすいのってどんなシチュエーション?

一度くらいは誘われたり、もしくは経験がある人もいるはず・・・。後悔が残りそうだけれど、刺激的だし、ワンナイトに興味を抱いたことがある人も少なくないでしょう。
今回は、ワンナイトラブになりやすいシチュエーションについてご紹介します。経験してみたい人は、ぜひ参加してみてはいかが?

同窓会

懐かしの面々が集う同窓会は、ワンナイトのチャンスが多いいかも。なかには10年近く顔を合わせていないかつての友だちもいるでしょう。そんな人たちが集う同窓会では、当然初対面の人よりは打ち解けるのが早いですし、話も弾みますから、恋愛関係に発展する可能性は高いです。
地元を出ている人も当然いるでしょうし、みんな住んでいる場所がバラバラでしょうから、「お付き合い」ではなくワンナイトになりやすいのかもしれませんね。

合コン

お次は、定番ですが合コン。出会いを求めた男女が集っていますから、当然ですが、相手を異性として意識します。なかには恋人がいるけれど、火遊びを求めて参加する人も。
どうしても「お付き合い」となると長い時間をかけてお互いを知り、それから・・・という手順を踏みたいという人が多いはず。もちろん合コンで出会った人とそうした関係を目指すこともあるでしょうけれど、一夜限りの関係を求めて参加する人も少なくなさそうです。

結婚式の二次会

盛大に行われる結婚式の二次会では多くの人が参列します。知らない男性も多く集い、ひとつの祝福にむけてみんなで幸せを共有します。そうした場では、心が安らかになりますし、たとえ初対面の人とでも心の距離が近くなります。
多幸感に包まれながら臨席した人と話していると、自然と打ち解けることもあるでしょう。新郎新婦をお祝いしつつ、彼と「いい感じ」になり、そのままホテルへ・・・なんてこともありそうです。

ホテルのBAR

最後は、ホテルのBAR。都内の高級ホテルなどにはラウンジやBARが内設されているところも少なくないはず。商社などのエリートサラリーマンや、出張中の外国人が話しかけてくることもあるでしょう。
お酒を飲みながら、ナンパと知りつつ彼らの知的なトークを聞いているうちに、ふと「一夜を過ごしてもいいかも」なんて思ってしまうかも。ホテルの部屋をとっている男性に、そのまま〝お持ち帰り〟されてしまったという経験がある人もいるかもしれませんね。

たまには火遊びしたくなる?

同窓会や結婚式の二次会など、長年疎遠だった人や初対面の人と距離をすぐに近づけられる場では、男女ともにワンナイトへの敷居が低くなるのかもしれません。そうした場に赴くと、たまには火遊びしてみるのもいいかも・・・なんて思えてくるのかもしれませんね。

(ハウコレ編集部)

関連記事