アイコン 体力がもたない…!疲れにくい「騎乗位」のコツって?

2017.03.18

体力がもたない…!疲れにくい「騎乗位」のコツって?

騎乗位といえば、バックや正常位などと並んでメジャーな体位。女性が主導権をもてるため、好きに動いて気持ちいい場所を探せますよね。でも、「騎乗位を長い時間していると疲れちゃう」!そんな方のために、今回は疲れない騎乗位のコツを伝授しましょう。

上下以外の動きを取り入れる

騎乗位というと、女性がM字開脚で上下に動く動作が視覚的にも男性ウケがいいですよね。でも、その動きこそが、足腰を疲れさせる原因です。そこでおすすめなのが、上下運動のほかに、腰をゆっくり回したり前後にスライドさせたりする動きを入れること。これだと、男女ともに快感を得られるだけでなく、上下運動ほど足腰に負担もかかりません。また、女性がヤラしく腰を回す動きは、視覚的にもたまらないはずですよ。

体重を男性に半分預ける

上下に動く場合も、前後に動く場合も、自分で全体重を支えていると疲れてしまいます。両手を彼に支えてもらうか、彼の腰あたりを掴むなどして、体重をある程度男性に預けるようにしましょう。また、ずっと座った体勢でいるのではなく、ときどき前傾姿勢になって、男性の上に覆いかぶさるようにするのもおすすめ。この体勢で前後にスライドする方法は、クリトリスが刺激されるため、女性もイキやすいですよ。

うしろに手をつく体勢を取り入れる

手を前につくだけではなく、うしろにつく体勢を取り入れるのもおすすめです。女性がうしろに手をついてのけ反る体勢での騎乗位は、男性にアソコが丸見え。男性にとっては視覚的にも興奮度MAXなので、あまり頑張って動かなくても、それなりに喜んでもらえます。ただし、この体勢を長時間すると今度は腕が疲れてくるので、合間に少しやる程度にするといいでしょう。

ときどき止まって休憩する

いろいろと工夫して、それでも疲れてきたと思ったら、ちょっとひと休みしちゃいましょう。ただし「あー疲れた!」という感じで休むのは、色気もないのでNG!「感じすぎてて動けない」「気持ちよすぎてひたってる」といった感じで動きを休めると、相手も喜んでくれるはず。そのまま「そんなに感じちゃってるの?しょうがないなぁ」などと言いつつ、自分で動いて下から突き上げてくる男性も少なくありません。彼が動いてくれているうちに、ちゃっかり休憩しておきましょう。

体勢を少しずつ変えるのがコツ

騎乗位で疲れないようにするには、いろんな体勢を取り入れて、少しずつ変化をつけていくのがポイント。上手に動いて、お互いが楽しみつつ満足できるエッチを目指しましょう。(azaz/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事