アイコン 30代で処女と知ったときの男の本音・5パターン

2017.03.16

30代で処女と知ったときの男の本音・5パターン

30年以上の人生を歩んできたけれど、いまだ男と肉体関係を結んだことがないという女性たち。彼女たちに対して、男は内心ではどう思っているのでしょうか・・・。
今回は、30代で処女の女性に対する男の本音を5パターン紹介します。該当している方で男にどう思われるか気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.モテないんだろうな

まずは、あまりかんばしくない本音。男性の多くは意中の女性とセックスしたいと願い、彼女たちに肉体関係を迫ります。30代で一度も経験がないと知ると、「いままで男性にセックスの対象として見られた経験が少ないんじゃないか」と勘ぐってしまうようです。
恋愛とセックスは延長線上にあるので、セックスの経験がない人はモテない(モテなかった)人だとみなされてしまうようです。

2.俺が最初になってやる!

なかには、攻略欲をかきたてられる男性も。30代で処女ということは、30年以上にわたって誰にも彼女が体を許さなかったということなので、そこに難易度の高さを感じ、「絶対に俺が最初になってやる!」と燃えるのだとか。
〝壁が高ければ高いほどやる気が出る〟というものでしょうか。処女と公言したことで、意気揚々と口説いてくる男性もいるかもしれませんね。

3.人生損してるんじゃない?

世の中にはセックスをするために犯罪をおかす人もいるくらいですから、セックスで味わえる快楽を素晴らしいものだと考えている男性は少なくありません。女性のなかにも、セックスをすることで幸福感を覚える人も。
セックスの経験が30才を過ぎてもないということを知ると、その人に対して「人生損しているんじゃない?」と思ってしまう男性もいるようです。

4.超ストイックな人かも・・・

「何か強い信念や思想があって、処女を貫き通しているのかな?」と勘ぐってしまう男性もいるようです。上でご紹介したように、男女問わず多くの人にとってセックスは幸福感を味わうためのものですから、その幸福を差し置いてでも守り通したい何かがあるのだろうと思ってしまうよう。
ストイックすぎる人だと思って、近寄りがたく感じてしまう人もいるかもしれませんね。

5.もしかして、シンデレラ!?

最後は、おとぎ話のお姫様のような神聖な女性として解釈するというもの。今まで誰も口説くことができなかった〝高嶺の花〟どころか、むしろセックスの対象として見ることすらおこがましいほどの気高き女性・・・。
並々ならない品の良さを漂わせ、かつ処女である30代の女性に対して、俗世界を超えた神聖な何かを感じてしまう男性もいるでしょう。

いい意見もあった?

ご紹介したことのなかにはあまり喜ばしくないものもありましたが、攻略欲をくすぐるなど、処女であることが男性の関心を買うこともあるようです。意中の人などにどう思われているのか気になったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?
関連キーワード

関連記事