アイコン 年下男性のムラムラを高める前戯の仕方とは?

2017.03.14

年下男性のムラムラを高める前戯の仕方とは?

同級生や年上とは、また違った魅力のある年下男性。「私のほうがオネエサンなんだから、リードしなくっちゃ!」なんて、率先してデートの計画を立てたり、彼のお世話をしたりするのも楽しいものです。せっかくですから、セックスのときも自分から攻めてみてはいかがでしょうか?年下好きのあなたに、年下男性のムラムラを高める前戯を教えちゃいます。

キスしながら甘噛みを

年下男性との甘いセックスの時間を楽しむ最初の前戯として、キスをするときに甘噛みをしてみましょう。唇は、触覚などの感覚が集中している敏感な場所なので、そこを攻められると、きっと彼は感じちゃうはずですよ。ソフトなキスやディープキスもいいですが、年下男性を攻めたいなら、キスをするときに上唇や下唇を自分の唇で軽く引っ張りながらするのをおすすめします。年上女性にそんなキスで攻められたら、彼も興奮しちゃうでしょう。

首筋に舌で触れて

やわらかい舌でそっとなめられると気持ちいいもの。でも、いきなりペニスをなめるのは緊張しますよね。まずはチャレンジもしやすい首筋から攻めてみましょう。皮膚の薄いところは敏感なので、吐息を吹きかけたり、舌でふれるだけでも彼は感じてしまうはず。また、首筋と一緒に、耳たぶをなぞるようにゆっくりなめるのもおすすめです。彼が気持ちよさそうなら、唾液を使って耳元で音を出し、自分の興奮している声も聞かせてあげるといいでしょう。

乳首をなめて

乳首で感じるのは、女性だけだと思っていませんか?男性にとっても、性感帯のひとつです。とはいえ個人差はありますから、まずは彼が嫌がらないかどうか、軽く触って試してみましょう。嫌がらなければ、今度は舌先でなめてみてください。思わず彼は声を漏らしちゃうかも。それから、音を出してなめたり、強弱をつけて吸ったりするといいでしょう。視覚的にも「攻められている」ことがはっきり分かるため、年下の彼はメロメロになっちゃうかも。

ペニスで絶頂に導いて

キスから始まり、首筋、耳、乳首と攻めてから、男性が最も感じるとされるペニスに触れましょう。まずは、先端をゆっくり優しくなめます。裏筋が、感じる人が一番多い場所なので、下から上にゆっくりなめてあげると効果的です。そして睾丸は、優しくなめたり吸ったり、お口の中で転がしてあげるといいでしょう。徐々に彼が感じてきたら、ペニスを口の中に出し入れしたり、唾液を使って手コキしたり。年下男性を絶頂に導いてあげてください。

彼のよろこぶ前戯で熱い夜を

年上好きの男性は、女性に攻められることに興奮を覚える人が多いはず。積極的な前戯で年下男性をよろこばせて、ふたりの愛を深めちゃいましょう。(macherie/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事