アイコン 童貞が妄想する女の子のひとりエッチ

2017.03.13

童貞が妄想する女の子のひとりエッチ

生身の女のカラダを知らない童貞男子たち。彼らが〝女〟なるものに対して、現実とは少し違った妄想を抱いていることは、想像に難くないはず。たとえば女の子のひとりエッチについて、彼らの頭にはどのようなイメージが渦巻いているのでしょうか。
今回は、童貞が妄想する女の子のひとりエッチについてご紹介します。

放課後、教室の机に股間をこすりつけている

まずは、学生が抱きがちな妄想について。放課後、誰もいなくなった高校や大学の教室にひとり残り、こっそりと机の角に股間をこすり付けているというシチュエーション。
AVやアダルト漫画などでは、教室でひとりエッチをしている女の子をたまたま目撃した男子学生たちにプレイを強要されるシーンも。映像や漫画のなかの出来事が、現実で行なわれていると妄想してしまうようですね。

お尻でひとりエッチをしている

童貞男子たちのなかには、女のカラダを見たことがない人が多数。クリトリスや膣など女のカラダについての知識がないため、よく初エッチのときに「お尻の穴に入れられそうになって焦った…」なんて都市伝説が語られます。
〝お尻の穴=膣〟と考えている人もいるようですね。彼らは、当然女がひとりエッチをするときはお尻を触っていると妄想しているみたいですよ。

「俺」のことを想像しながらしている

童貞男子の多くは恋愛経験が少なく、女が何を考えているのかをうまく理解できないもの。女に対する情報の少なさを、自分本位の妄想で埋め合わせようとする人もなかにはいるようです。
たとえば親しい女友だちについて、「ひとりエッチをするときには、きっと俺のことを考えているに違いない!」と妄想してしまう人も。頭のなかに幸せなお花畑を宿している童貞男子は少なくないのかもしれません。

女の子はひとりエッチをしない!

「女の子がひとりエッチするなんてありえない!」と考えている人も。〝女〟に対する理想が強いがあまり、「そんなことをするはずがない!」と自分に言い聞かせているうちに本気でそう思い込んでしまう場合も。
実際には、女性のなかにもひとりエッチする人は多数。女にとっては微笑ましくも思える、ピュアな妄想ですね。

ツッコミたくなる妄想も・・・

「女がひとりエッチをするはずがない!」という微笑ましい妄想から、お尻でしているなど、ツッコミを入れたくなるような妄想まで・・・。彼らの頭のなかでは、〝女〟というイメージがイビツに形成されているようですね。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事