アイコン どうしても今シたい!10分でできる時短セックスのマニュアル

2017.02.23

どうしても今シたい!10分でできる時短セックスのマニュアル

仕事に行く前やデートの別れ際に彼とイチャイチャしていて、「このままセックスしたい!でも時間が…」なんて経験はありませんか?結局できずにひとりでムラムラしたままもツライですよね?今回は、10分でできる時短セックスのやり方をご紹介します!

服を着たまま

時短セックスでは、服を脱いでいる時間ももったいない!その時間を前戯や挿入にまわしましょう。
終わった後も、身なりをととのえる時間が少なくて済みます。全裸でセックスすることが多いという人は、いつもとは違った感覚になるので脱マンネリにも繋がりますよ。スカートの場合は、下着だけ脱ぐといいでしょう。

前戯は、「69」をする

前戯中に、まずあなたがフェラをして、そのあと彼にクンニをしてもらって…という手順を踏んでいると、時間がかかります。ふたりで一度に舐め会える「69(シックスナイン)」を試してください。
3分を目処に、彼と69をします。前戯の時間を短くすることで、挿入の時間を延ばすことができますよ。

体位を変えない

挿入中に、何度も体位を変えていると、それだけで時間がとられてしまいます。変えるタイミングで彼のモノが勃たなくなってしまったり、あなたがうまく濡れなかったりしてうまく入らないことも考えられます。
彼とあなたが好きな体位をひとつだけ選び、その体位だけに集中するようにしましょう。また、挿入に時間がかかったり動きにくかったりするマニアックな体位はおすすめできません。

アフターセックスはしない

彼が射精した後に、イチャイチャしたくなる気持ちはわかります。でもその時間を含めて10分でセックスなんて、とてもじゃないけれど無理です。アフターセックスは、諦めてくださいね。
男性はセックス後に「賢者モード」と呼ばれる無気力な状態になるので、普段エッチ後にさみしい思いをしている女性もいるはず。はじめから「アフターセックスをしない」と思っておけば、そのさみしさを緩和できますよ。

挿入に時間を使おう!

時間のないときのセックスは、いかに挿入に時間を使うかを考えてください。服を脱がずにしたり、体位を変えないようにしたり。少しの工夫で、10分という短い時間をフルに使って彼と愛し合うことができますよ。(RIN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事