アイコン 少しマニアック?知られていないけれど気持ちいい体位・4選

2017.02.03

少しマニアック?知られていないけれど気持ちいい体位・4選

エッチのとき、正常位や騎乗位などいつもお決まりの体位しかしないという人は多いはず。しかしそれでは、彼との関係がマンネリ化してしまったり、惰性のエッチになってしまったり…。少しマニアックな体位に挑戦してみると、新しい刺激を得ることができて、彼とふたりで盛り上がれますよ。
今回は、あまり知られていないけれど気持ちいい体位を4つご紹介します!

「駅弁」

「駅弁」とは、向き合った状態で男性が女性を抱きかかえ、挿入する体位。女性は地面に手も足もつけず、宙に浮いた状態で男性に突かれることになります。できるかどうかは、パートナーの男性の体力や筋力に左右されます。
膣の奥深くまで挿入することができるため、女性は奥で快感を得やすいのだとか。また力持ちで体力のある彼の〝男気〟を感じられるので、キュンとしちゃう体位でもあります。

「ロールスロイス」

「ロールスロイス」は、後背位(バック)にアレンジを加えたもの。女性は四つん這いになり、バックの体勢で挿入をしてもらい、男性が女性の両足を自分の足ではさみます。女性の足の開きをせまくすることで、膣の締まりがよくなり、女性側も男性側もお互いに、強い刺激を得ることができます。
また、女性の上半身を起こして、胸とクリトリスを刺激するというロールスロイスの進化版も!女性が無抵抗の状態になるため、女性は犯されているような気分を味わうことができますよ。

「抱き地蔵」

「抱き地蔵」とは、男性が椅子などに座り、そのひざの上に女性が座って挿入するという体位。女性が動く体位なので、自分で気持ちのいいポイントを自分で探ることができます。座った状態なので、顔を見合わせながらエッチが楽しめますよ。
挿入している部分がお互いに見える体位でもあります。自分の膣に彼の性器が出たり入ったりしているのを見ながら動くことで、恥ずかしいけれど、何倍もエッチな気分になるでしょう。

「しがらみ」

「しがらみ」とは、正常位の状態で挿入をして、そのあとに男性も女性も足を伸ばす体位。足を伸ばすことで、挿入が深くならないため、奥までガンガンと突かれるのが苦手な女性にはぴったりです。浅めの挿入になり、男性は激しく動くことができないので、スローなピストンを楽しむことができます。
お互いに足を伸ばしていることにより、全身がパートナーと密着状態になります。またクリトリスで快感を得ることができるのも、女性にとってはうれしいところです。

マンネリの防止にも役立つかも!

いつもとは違う、少しマニアックな体位に挑戦してみることで、彼とのマンネリ防止にも役立つかもしれません。「駅弁」は、細身の男性には少し難しいかもしれませんが、できる範囲で彼と今回ご紹介した4つを楽しんでみてくださいね。(KANA♪/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事