アイコン 飲み会での下ネタを上手にかわすテクニック

2017.01.29

飲み会での下ネタを上手にかわすテクニック

合コンや職場の飲みで下ネタばかりを言う男性に、困惑することありませんか?とはいえ、「正直に伝えたほうがいいものなの?」「その場の空気を壊すのはイヤ!」なんて思ってしまい、なかなか対処できなかったりします。そこで今回は、飲み会での下ネタを上手にかわすテクニックをご紹介します。

笑顔でやりすごす

お酒が入ると、下ネタを披露してくる男性は多いですよね。女性の反応を見たいからなのでしょう。彼らは、女性が恥ずかしがったり困惑したりする姿が大好きです。そのため、恥らいもなく、男性陣を圧倒するほどのストレートな下ネタを返すのはNG!話を聞いて笑っているだけでOKです。あまり豪快に笑うのではなく、ちょっと照れたように笑うのがポイント。彼に「恥ずかしいのに笑ってくれている」と思わせるようにしましょう。

周りを巻き込む

みんなの前で、「○○ちゃんはどの体位が好き?」など直球の下ネタを言われたら、周りを巻き込んでみましょう。ほかの男性に、「○○君はどうなの?」と質問してみてください。気になっている片想いの男性に狙いを定めて聞いてみるのもいいかもしれませんね。女友達に聞くなら「○○ちゃん、どういうことか分かる?」と首をかしげて言ってみましょう。演技っぽくなってしまうかもしれませんが、むしろそのほうが「ネタ」として盛り上がるはず。気にせず試してみてくださいね。

オウム返しをする

周囲に巻き込めるような友人がいないときは彼にオウム返しをしてみましょう。たとえば、「どこがいちばん感じる?」と聞かれたら、そのまま「○○君はどこがいちばん感じる?」と返すなど。単純な方法ですが、「俺に興味があるのかも…」と喜ぶ男性もいます。さらに上手くあしらいたいなら「そんなこと聞いて何を想像するの?」と明言を避けるのもいいでしょう!具体的に答えたわけではないのに、トークは盛り上がるはずですよ。

わざとらしく断る

下ネタには、本気で返さないのが鉄則!「まだそんな話をする時間じゃありませんよ~」と時計を見ながら言ったり、「女の子の前でそんな話しちゃダメでしょ~」と軽く返してみたりしましょう。きっぱりと拒否しているようには感じさせないので、雰囲気を壊すことはありません。その流れで会話のテーマを変えられたら、よりgoodですね。

空気は壊さず切り替えて

下ネタは、男性にとって飲み会では欠かせないトークのひとつです。一緒に盛り上がってしまうのもひとつの手ですが、女子としてはできるだけ避けたいですよね。上手な切り返しができるよう、さっそく実践してみてくださいね。(manakko/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?

女の子の「あんなことしたい」「もっとこんな風にしてほしい」という秘めた想いを叶えてくれるのが、恋活を応援するマッチングサービス。マッチングサービスを通じて恋が始まった♡なんて話も、イマドキ女子には珍しくないもの。
会員数の多いハッピーメール(18禁)なら、自分好みの彼をじっくり検索できちゃう上に「会う前に相手のスペックがわかる」「空いた時間が活用できる」といういいコトもあります。


いま彼がいる子もそうでない子も、ちょっとしたきっかけで、思いがけない恋が始まっちゃうかもしれません。ハッピーメール(18禁)を使って、イマドキの恋愛、してみない?

関連記事