アイコン お仕事帰りで疲れている彼とのエッチで気をつけてあげたいこと・4つ

2017.01.23

お仕事帰りで疲れている彼とのエッチで気をつけてあげたいこと・4つ

お仕事で夜遅くに帰宅した彼。眠そうだし疲れているなと思いつつも、女性がどうしてもエッチしたいときってありますよね。「やさしい彼は、きっと私が誘えばノッてきてくれるけど、ちょっと申し訳ないな…」なんて。
そんなときにエッチするなら、女性の気配りが何より大切。今回は、疲れている彼とのエッチで気をつけてあげたいことを4つご紹介します!

彼が裸になっても寒くない環境をつくる

エッチをはじめるとき、彼の服を脱がせてあげるといいでしょう。お疲れモードの彼は服を脱ぐことすら面倒なはずだし、とくに寒い時期は体力も気力もつかいます。ただ脱がせてあげるだけでなく、裸になっても寒くないよう部屋の温度を調整したり、毛布を羽織らせてあげるなどの気遣いが大切。
「どう、寒くない?」などのひとことを添えてあげると、彼はあなたのやさしさにグッとくるはずですよ。

女性メインで動く体位を選ぶ

王道の体位である正常位や後背位では、どうしても男性の動きがハードになってしまいますよね?疲れている彼のカラダを酷使させるのは少し申し訳ないもの。
なるべく女性メインで動く体位を選んでください。たとえば、そろそろ前戯が終わりかなというときに、彼に「あおむけに寝て」と耳元でささやき、騎乗位で挿入します。いつもは受け身のエッチが多いという人にはとくにおすすめです。ふいに積極性をみせるあなたの姿に、彼はドキッとしてしまうはず。彼のカラダを気遣いつつ、男心をくすぐることができますよ。

終わったら、ティッシュでふいてあげる

エッチ後、男性は「賢者モード」と呼ばれる無気力の状態になります。とくにお仕事帰りで疲れている状態のときは、上体を起こしてティッシュをとることすら結構なヨイショがいるもの。
そんなときに、女性がサッと起き上がってティッシュをとり、彼のモノをふいてあげると男性にとってはとてもありがたいです。女性もエッチ後は力が抜けぐったりしてしまいがちですが、このときばかりは率先してしてあげるといいでしょう。

2戦目のおねだりは遠慮する

女性がムラムラしているときは、一度じゃ満足できない場合も。「気持ちよくなってきたかも…」というところで彼が果ててしまうこともあるでしょう。はやる気持ちはわかりますが、2戦目をおねだりするのはNG。彼のカラダをいたわって、次回に持ち越すのが無難です。
もし男性から2戦目のお誘いがあったら、心の中でガッツポーズを決めつつ、「大丈夫?疲れない?」など彼のカラダを気遣うひとことを添えてから始めてくださいね。

気遣いは、前戯からフィニッシュ後まで!

エッチ中になるべく彼が体力を使わないように気遣ってあげるのはもちろん。それだけでなく、彼が服を脱ぐ前に寒くない環境をつくってあげたり、フィニッシュ後にティッシュでふいてあげたりと、エッチの前後のフォローが大切ですよ。(メロンちゃん/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事