アイコン 「アソコがおいしいよ」と言わせたい!彼が踊りたくなるほどのアソコの作り方とは

2016.10.13

「アソコがおいしいよ」と言わせたい!彼が踊りたくなるほどのアソコの作り方とは

「アソコを沢山愛して欲しい」「もっと感じる部分を舌で攻めて欲しい」。

女性だって気持ちの良い部分を丁寧に舐められて、彼からの愛を思い切り感じたいですよね。一番敏感な部分をじっくり舐められた時のあの気持ちよさは、手で触られるのとまったく違った感覚。

本音を言えば、じっくり時間をかけて愛して欲しいですよね。

でも、そんな理想とは裏腹に、アソコを舐めるのを避けている男性も多いようです…!

●「私の彼はアソコを舐めるどころか、顔を近づけようともしません。もちろん私も、エッチ前には必ずお風呂に入って綺麗にしているつもりですが、何が足りないんでしょうか。」(hoppiさん/26歳/販売員)

●「友達は10分もオーラルで愛されているのに、私の旦那は2秒(笑)もっと舐めてよ!とは言えないので、そのまま挿入へ。いつも前戯は満足できません。」(1546ミユさん/31歳/会社員)

お互いの性器をオーラルで愛撫するのは、お互いの愛を確かめ合うとても大事な時間。女性は前戯が丁寧なほどセックスの満足度も高い傾向にあり、挿入時間よりもオーラルなどの前戯のほうが重要という人も多いです。

しかし一方で、「女性のアソコを舐めたくない」という男性が増加中なのを知っていますか?実は、ある理由が男性のオーラルをしたい気持ちを阻害しているのです…!

衝撃のアンケート結果!男性のクンニ嫌いの原因とは!?

【男性へアンケート!】女性のアソコへのオーラルを嫌う理由は何ですか?

●「綺麗にしてるのは分かるんだけど…濡れてくると臭いが再発してくるのがキツくて…!」
●「アワビみたいに真っ黒のヒダを見たら、舐める気が失せちゃった。」
●「シャワーを浴びたはずなのに、あそこからチーズみたいなニオイがするのがちょっと…」

ショック!男性が女性へのオーラルを嫌う原因は、ズバリ「ニオイ」と「黒ずみ」だったのです!でも、女性としては「キレイに洗っているのに、どうして?」と思ってしまいますよね。

実は、エッチ前にシャワーで洗い流すだけではニオイのもとはしっかり落とすことはできないのです。女性の性器周辺の構造は複雑で、蒸れて雑菌が繁殖しやすく、さらに雑菌に対して自己防衛するために酸性の成分を含んでいます。これらが重なって、女性特有の「むわっとした酸っぱいニオイ」が発生し、このニオイは日ごろのケアをしっかり行っていないと、性器周辺、そして下着までに染みついてしまいます。

さらに、そのニオイを気にしてボディタオルなどでごしごしと強く洗うと、黒ずみの原因になることも!黒ずみとは、皮膚の刺激に対して皮膚が防衛反応を起こし、メラニンを生成することで発生します。特に日本人は黒ずみができやすい体質で、過度な摩擦は黒ずみに直結してしまうのです。

しかし、そんな中「アソコがキレイで、おいしいね!」と男性に言われるような女性もいます。一体どんな方法を使って、デリケートゾーンのケアをしているのでしょうか?

ごしごし洗い厳禁!デリケートゾーンの正しい洗い方とは?

そんなデリケートな女性器だからこそ、ほかの部位と同じボディソープで洗うのではダメ!顔は洗顔料、髪はシャンプーで洗うのと同じように、デリケートゾーンの専用の石鹸がおすすめ。これは、今や女性の常識になりつつあるのです。

これからご紹介する学生のゆうさん、主婦のちっちさん、会社員のさたーんさんは、デリケートゾーンの専用ケアをすることで「前戯がザツな彼」を「オーラル大好きな彼」に大変身させました。いつまでも愛されるアソコ手に入れた彼女たちの努力の結果を見てみましょう。

●最近初めての彼氏ができて、デリケートゾーンのにおいを気にするようになったんです。彼は一度だけデリケートゾーンをなめてくれたものの、それ以来ご無沙汰でした。なめないこと以外はいつもと変わらず愛してくれたので、なめないのはきっと臭いのが原因なんだろうな、そう思いました。悩みに悩んだあげく、デリケートゾーンのケアアイテムを購入。
久々に先日彼に会い、そしていつも通り彼からのアプローチが。いつもはキスや胸をなめまわした後に挿入して終わりだったのに…なんとデリケートゾーンをなめてきてくれたのです。「なんか今日はいつもと違うね。」と言われ、私は感じながらも、すごく幸せな気分でした。ニオイがもう気にならないんだ!それだけで自信がわきました。その日はいつもより大胆だったかもしれません…(笑)
(ゆうさん/19歳/学生)

●独身時代からアソコの臭いが気になってました。旦那と初めての時はクンニをしてくれましたが、数秒だけ…。それ以来…一切セックスの時もクンニは無しでした。結婚して8年になりますが、濡らすのもさっさと言う感じで指に臭いがつくのが嫌なんだろうなーってずっと思っていました。何とかしたい!と思い、あるケア用品を購入。それを使い始めて数日後、なんとなく良い雰囲気に。また今回もいつも通りかなと思っていたのですが、クンニをしてくれなかった旦那がこれでもか!!って言うぐらい舐めてくれたんです!もっと早くにケアを始めておけばよかったと思いました。
(ちっちさん/34歳/主婦)

●私は以前からずっと、おりものの臭い、生理前デリケートゾーンの臭いに悩まされていました。セックスの時も旦那さんに臭いが気になると言われたのですごくショックを受けていたところ、ネットでたまたま検索ヒットしたのがデリケートゾーン用石鹸でした。どうしようか3日ほど悩んで購入しました。本当に実感があるのか半信半疑で数週間使用していました。するとセックスの時に旦那さんが「無臭…美味しい!」と言い「踊りたくなるくらい美味しいよ!」ってどんだけ(笑)。でも、恥ずかしい以上に嬉しかったです!旦那さんはそれから、あんなに嫌がってたオーラルを自分からしてくれるようになりました。この石鹸で洗い流しすケアを始めてからセックスの回数も増えました。子どもを産んでから自信がなくなっていましたが、この石鹸のおかげで自信が持てました。
(さたーんさん/25歳/会社員)

彼女たちが使っているのは、「LCジャムウ ハーバルソープ」!

「踊りたくなるくらい美味しいよ!」と言われるくらい、彼にたっぷり愛されるアソコを手に入れた彼女たちが使っているのは、LCラブコスメの「LCジャムウ ハーバルソープ」

「LCジャムウ ハーバルソープ」は、インドネシアの伝統的なハーブを使った、デリケートゾーン用の自然派石鹸です。植物エキスの成分を凝縮して日本人の肌に合うように作られており、肌に優しいので、敏感なデリケートゾーンでも安心して使うことができます。

使い方はとっても簡単!泡立てネットを使って泡立て、デリケートゾーンをせっけんの泡で3分間パックするだけ。臭いの元をさっぱりと洗い流せるだけでなく、黒ずみや肌の引き締めのケアまでできる優れものなのです。

臭いと黒ずみの両方に実感があるというのは嬉しいですよね!安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使用していないので、成分が気になる方も安心です。ジャムウシリーズは発売から12年以上を経て、累計販売数は213万個を突破!堂々「第1位」の知っている人はこっそり使っている人気商品なのです。

彼に「アソコが美味しい…!」と言わせちゃおう!

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアのブランド。「ジャムウ ハーバルソープ」以外にも、彼がキスだけでは止まらなくなる「キス専用美容液」や、髪をなでなでしたくなるヘアオイルなど、恋をしている女性の為の恋のお守りアイテムが充実。女性が誰にも言えずに悩んでいるお悩みを、こっそり丁寧に解決してくれます。ぜひ「恋のお守り ラブコスメ」で検索してみて、オンナ磨きに役立ててみてください。

デリケートゾーンは、専用石鹸でケアを行うのが女性の常識!まだお風呂に入っていないのに彼に急に押し倒されても、「○○のここ、とってもおいしいね…」と夢中で舐められてしまうようなアソコを目指してみましょう!

その美味しさのあまり、彼が思わず踊り出してしまっても、優しく見守ってあげてくださいね。

発売から12年以上、累計販売数は213万個を突破

関連記事