アイコン エリート男性ウケする、素敵なオンナの口癖・4選

2017.01.13

エリート男性ウケする、素敵なオンナの口癖・4選

ハイスペ男性との恋を楽しみたいなら、「自分磨き」も大切です。エリート男性の周りは、やはり高学歴で常識のある人たちが多いため、お付き合いする女性にも常識的なふるまいやオトナの上品さを求めます。節度のある女性は、同性から見ても憧れちゃいますよね?
今回はエリート男性にウケる、大人の女性の口癖を4つご紹介します。

「うん」じゃなくて「ええ」

相づちを打つときや、返事をするときについ出てしまう「うん」という言葉。気の置けない同年代や年下の男性ならそれもいいですが、まだ距離のあるエリート男性に使うのはちょっと控えたほうがいいかも。「うん、そうだね」と「ええ、そうですね」では印象がまるで違います。
色っぽいオトナの女性が使うべきは「ええ」という言葉。初めに「ええ」を付けると、自然とそのあとの言葉もていねいで上品になります。「あ、この人は常識ある素敵な人だな」と思ってくれますよ。

「素敵ですね」とほめる

エリート男性の自尊心をくすぐる「素敵ですね」の言葉。むやみに使うのではなく、しっかりと周りや男性をよく観察して、タイミングを見計らって使ってみてください。彼が新しいスーツを着てきたときや髪型が変わったときなど、変化に気づいたときに使うのです。
変化に敏感で、周りがきちんと見えていると、エリート男性からのポイントは上がりますよ。

ささいなことでも「ありがとう」

オトナになると、なかなか素直に言えない「ありがとう」という言葉。だからこそ、ささいなことで「ありがとう」と言える女性に、ときめいてしまうエリート男性は多いようです。
あからさまな親切に対してだけでなく、彼がさりげなく車道側を歩いてくれているときやお店のドアを開けてくれたときなどに「ありがとう」と言うようにしてみてはいかが? 

素直に「お願いします」が言える

エリート男性は、いわゆる〝デキる〟男性なので、女性に何かしてあげたいという欲求が高いもの。「手伝ってあげようか?」と言われたときに、遠慮から「大丈夫です!」と言っていませんか?
もちろん、あまりにも図々しいのはNGですが、遠慮しすぎもダメ。彼から手を差し伸べられたときは、「お願いします」と素直に言うといいでしょう。彼を頼ることで、エリート男性の自尊心は満たされます。自分でなんでもできる女性をアピールするより、ときには彼の手を借りる女性のほうが、エリート男性の目にはかわいく映りますよ。

たまには「隙」も見せて!

ていねいな言葉で受け答えすることは大切ですが、あまりにもふるまいが洗練されすぎている完璧な女性だと、逆にエリート男性は、「俺の必要性ってなんだろう…」と思ってしまうかも。彼に手を差し伸べられたときは素直に「お願いします」と言うなど、適度に彼を頼って〝隙〟を見せるのがモテテクですよ。(Nag/ライター)

(ハウコレ編集部)

■イマドキの恋愛、してみない?


オトナのハウコレ編集部がオススメする恋活アプリ「ハッピーメール(18禁)」。日本最大の累計登録数のなかから、あなた好みの異性をじ~っくり探せちゃう♡
老舗マッチングサービスだから安心安全、イマドキ女子のやり方で“新しい恋”、してみない?

関連記事