アイコン オトナのアバンチュールがもたらす魅力とデメリット

2017.01.12

オトナのアバンチュールがもたらす魅力とデメリット

アバンチュールな恋、してみたくないですか?「一夜限りの関係」って、なんだかキケンなオトナの恋のイメージで、ちょっと憧れますよね。でも、やっぱりデメリットも知っておかないと、後悔することになってしまいそう…。
そこで今回は、オトナのアバンチュールの魅力とデメリットについてご紹介します! 

行きずりの関係が多い!?

オトナのアバンチュールはビーチや海外旅行先で出会った人、元カレと楽しむなど、さまざまなケースがあります。学生時代には、アバンチュールといっても友だちの友だちや先輩・後輩などの割合が高く、比較的距離の近い関係で行われることが多かったはず。関係する人にバレるとそれまでの友情などにひびが入ることもありますよね…。
しかし、オトナのアバンチュールでは行きずりの関係も多く、自分の背景や思いをいったん忘れてセックスを楽しめちゃいます。

アバンチュールの3つの魅力

オンナとしての魅力を保ち続けるためにアバンチュールは役に立つ、と考える人もいるようです。自由にセックスをして、自分のセクシーさをさらにアップさせるという目的で楽しんでいる人も。
また交際相手がいる人は、アバンチュールを経験することであらためて彼氏のよさに気づくこともあるのだとか。
アバンチュールは、純粋で、将来的にも長く関係を続けられる恋愛とは別のものとして楽しめることが魅力なのかもしれませんね。 

アバンチュールのデメリット

惚れやすい人は、アバンチュールのつもりが真剣に恋してしまうことも。アバンチュールの相手は一夜だけと割り切っている人が多いだけに、一方がそれ以上の気持ちを持ったとしてもツラい思いをしてしまうだけかも。
勢いに任せてセックスし、正気に戻ったときに後悔してしまうという人がまれではないようです。とはいえなかには、アバンチュールな出会いをしたあと交際を正式に申し込み、長続きする恋愛に発展させる人もいますよ。友人や同僚から恋人に発展するよりも、もっとハードルが高いかもしれませんが…。

とくに、お酒が入ったときは注意!

お酒を飲みすぎてしまい、気づいたときには初対面の男性とベッドの上にいた…なんて状況は避けたいですよね?酔うと理性をなくしてしまうので、自分が想定している以外の「アバンチュール」が行われてしまう可能性も。「お酒の勢い」に頼りすぎるのは控えたほうがよさそうです。
また、ふたりの内緒の関係は秘密をつらぬいて、誰にも言わないことも大切です。周囲の人を巻き込んで、トラブルになってしまうリスクもあります。

誘われるがままに…はNG!

誘われるがままに男性とセックスしてしまうのは避けたいところ。「この人とならいいかな」と思える男性と、一夜限りと割り切ってするのがオトナのアバンチュール。後悔しないように、あらかじめ意思を固めてから男性と接してくださいね。(sacchi/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事