アイコン デート帰りに使える!男性を上手に「エッチに誘う」テクニック

2016.12.31

デート帰りに使える!男性を上手に「エッチに誘う」テクニック

女性だって、好きな男性とは「エッチをしたい」という気分になることもありますよね。

そんなときには、女性の方から仕掛けてみることだって、ときにはあってもいいでしょう。

そこで今回は、男性を上手に「エッチに誘う」テクニックを紹介します。

1.「ほろ酔い」の姿を見せる

「気になる男性がいたら、やっぱりお酒を一緒に飲んで距離を縮めますね」(27歳/女性/美容師)

「エッチな気分になったときは、酔ってさりげなく迫るのが一番効果があるかも」(25歳/女性/総務)

お酒を飲むと、心が解放的になりますし、エッチな気分にもなりやすいもの。
ちょっと大胆にもなれるのです。
しかも、ほんのりとお酒に酔った女性は、男性の目には可愛らしく、そして色っぽくも見えます。
一緒にお酒を飲んで、ほろ酔いの姿を見せれば、男性のエッチのスイッチが入りやすくなるはずですよ。

2.わざと「終電」を逃す

「お持ち帰りされたいときは、とりあえず何とかして終電を逃すように頑張ります」(27歳/女性/保険会社)

「気になる男性と飲んでいるときは、あえて終電を逃すようにすることもありますね」(26歳/女性/飲食)

終電を逃したというだけで、一気に男性の頭の中には、「お持ち帰り」の文字が浮かび始めるもの。
「今日はお持ち帰りされてもOK」と思っているのあれば、わざと終電を逃すのもひとつの手でしょう。
女性が終電の時間を気にせず飲んでいたら、男性も「今日はOKってことかな?」と判断しやすいはず。

3.帰り際に「手」をつなぐ

「帰り道でいきなり手をつないでみて、アプローチをかけることはあるかも」(29歳/女性/IT)

「まだ帰りたくないときは、手をつないで一緒にいたいとアピールしちゃいますね」(27歳/女性/ネイリスト)

飲みに行った帰りに、いきなり女性の方から手をつないでみる。
この行動に、男性は確実にドキッとするでしょう。
しかも、帰り際でされたら、男性だって「まだ帰りたくない」と言われているように感じてしまうもの。
無言のアピールには、男性も色んな想像が広がるので、思わず興奮もしてしまうことでしょう。

4.「部屋」に誘ってみる

「この人だって決めた場合には、もう思いきって自分の部屋に誘っちゃいますね」(27歳/女性/看護師)

「ウチで飲み直そうって言えば、さすがにどんな男性でも気づいてくれますよね」(29歳/女性/商社)

「この人ならエッチしてもいい」と思えたなら、思いきって部屋に誘ってしまうのもアリかも。
男性もさすがにあなたの気持ちに気づきますし、当然ながらエッチだって想像するはずです。
飲みに行った帰りに、「ウチでもうちょっと飲まない?」なんてさりげなく誘ってみたら、男性もすんなりと受け入れやすいでしょう。
ちゃんと相手を見極めたうえで、この人なら問題ないと思えたなら、使ってみてもいいテクニックですね。

おわりに

女性からエッチに誘うのは、かなり難しいものです。下手に誘ってしまうと、軽い女のようにも思われてしまうので、程よく気分を盛り上げながら、エッチに持ち込めたら最高でしょうね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事