アイコン 思わずムラムラしちゃう!?彼が「触られると弱い」場所・5つ

2016.11.13

思わずムラムラしちゃう!?彼が「触られると弱い」場所・5つ

「今日は、彼から誘ってくれないみたい…。でも、そういう気分だよ…私。」
そんなとき、みなさんは、どんなふうに彼にアプローチしていますか?せっかくエッチに誘うわけですから、彼に強く求められたいですよね。

そこで今回は、男子がついその気になってしまう“触られて弱い場所”をご紹介しましょう!

●生物にとっての弱点! 首回り

首へのキスに弱い…。そんな方も多いのでは?男子だって、同じ人間。首にそんなことされたらついムラムラしてしまう…!という人は少なくありません。

直接、首へのキスをする以外にも、手で頬をなでてから、ゆっくり下へなでおろし、首周りに触れるのも効果的。あなたの手と唇で、優しく、その体温を伝えていけば、きっと彼も少しずつムラムラしてくるはずです。

●触れ合うのは親密の証?手のひらと指

手の内側になる、手のひらは、意外とプライベートなパーツだったりします。普段は人にあまり見せることも、触れられることも少ない場所。実は、神経も多く、ちょっとした力のかかり具合や、温度にも敏感な場所なのです。

そんな、手のひらや指に触れるのは、親密な関係だからこそ!なぞるように、そっと触れれば、だんだん鼓動も大きくなっていくはずです。指先で手のひらをなぞってみたり、指先から指の付け根に向かって、上下に動かしたりすれば、彼にいろいろ想像させられるはずです。

●性器に一番近い場所…、ふとももの内側

ふとももの内側は、首と同じく、大切な血管が多く通っている場所です。性器にも近い場所なので、触られるとドキドキしてしまう場所なんです…。

ふとももへのアプローチの方法は実にさまざま!手で直接触ったりしなくても、こちらの足を、相手の足の間に入れてみたり、脚を絡めてみたり。手で触れるなら、いきなり内側でなく、ふともも外側をなでながら、だんだん内側へ手を移動させるのがおすすめです。素知らぬ顔をして彼に迫ってみてはいかがでしょう?

●セックス開始まで秒読み!? 腰回り

セックスといえば腰ですよね。どんな体位でも、腰がセクシーさをかもしだすポイント!性器への刺激を支える部分にもなりますし、腰に手を回したり、なでたり、こちらの腰を意識させる行動は、相手をムラムラさせる効果が高いのです。

とくに、後ろから腰を触られると、ムラムラしてしまう男子が多いよう。あまり今日は乗り気でない彼が隣で横になっているなら、コッソリ後ろから、腰に触れてみましょう!

●ドキドキの震源地! 胸や乳首

胸や乳首への刺激は、普段慣れていない男子には効果的!今日はハグだけ…なんて日も、ちょっと手や指で、相手の胸や乳首を刺激してみれば、相手のムラムラにスイッチが入るかも!?

必ずしも、上半身が裸である必要はありません。実際、服の上からのほうが、エッチな気分にする効果が高かったり、相手に甘えるしぐさからの、自然な流れでタッチしたりできるので、さりげなく試してみるといいかもしれません!

●おわりに

彼がその気じゃない夜は、ムラムラのツボを上手く利用して、彼の本能を刺激しちゃいましょう!もちろん、今回紹介したテクは、彼がその気の夜にも使えるテクです。彼がその気の夜も、そうでない夜も、彼の弱点を刺激して、より素敵な夜にしてくださいね!(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事