アイコン 男性はセックス中どこを見ているの? 正常位で凝視される部位5つ

2018.07.31

男性はセックス中どこを見ているの? 正常位で凝視される部位5つ

いざセックスをする時に裸を見られるのは照れてしまう…。でも実際相手はセックス中にどこを見ているのか? 自分がコンプレックスに思う部分が見られていたら嫌だし、逆に見て欲しいところは見られているのか?

セックス相手にはなかなか聞けないそんな素朴な疑問を今回は調査しました。

お腹

「心のどこかでモデル、グラビアアイドルと比べてしまって少なからず期待している。だからお腹が出てると一瞬冷静になる。逆に一般人なのにめっちゃくびれてると『おお!』っと興奮する」(広告関係/26歳)

巷で囁かれている“ぽっちゃりがモテる説”。しかしみんながみんなぽっちゃりが好きというわけではありません。

世の中、芸能人のように痩せてる女性は少なく、普通体型やぽっちゃり体型の女性がほとんどです。

ということは、男性が一生のうちにセックスする女性は痩せ型よりも普通体型、ぽっちゃり体型の女性の方が必然的に多いのです。

別に体型が普通だから、ぽっちゃりだから男性はセックスしたいというわけではなく、そもそも痩せ型の女性とセックスした経験が少ないから比べられないというだけなのです。

理想としてはやはり脱がせてみてお腹にくびれがある痩せ型のほうがグッとくるということでした。

これに関してはドキッとする女性も多いのではないでしょうか? お腹が多少出ているAV女優もいるくらいだし、男性は意外とお腹なんて見てないだろうなんて気を抜いていた自分に喝。くびれエクササイズはサボっちゃいけないようです…。

お尻

「年齢を重ねるに従い、胸よりお尻派になってきた。大きすぎてもダメだけど、形が大切」(メーカー営業/27歳)

25歳を超えると胸よりもお尻を見るようになるという意見もありました。

胸はパットやヌーブラで簡単に偽装ができます。そのせいで脱がせてみたら意外とちんまり…とガッカリすることも。その点、お尻は偽装のしようがないので脱がすまでの期待を裏切ることもありません。

これからの時代は胸よりお尻! 小さめおっぱいの女性もそれを無駄にコンプレックスに思わず、せっせとお尻を鍛えましょう。

「本気な人であるほど顔を見て相手がどう思ってるか感じとる。適当な相手であるほど顔は見ない」(金融関係/28歳)

セックスはコミュニケーションです。身勝手すぎるセックスはレスへの第一歩。大切な恋人相手には自分本位なセックスではなく、お互いを思いやったセックスをしたいと考えているそうです。

逆にセックス中にあまり顔を見てもらえていない場合、その場限りの関係だと思われている可能性もなきにしもあらずです。

太もも

「すべすべな太ももはずっと触っていたくなる。まず最初に太ももを見る」(大学生/21歳)

細いか太いかよりも手触り重視という意見。太ももを細く見せることよりも、肌質を意識した方がよさそうです。今日からボディクリームで太ももを重点的に保湿しましょう。

結合部分

「やっぱり一番エロを感じる」(IT関係/26歳)

どんな体位であっても比較的男性からは見やすい結合部。意外と見ているそうです。これは女性からは見えにくい部分ではあるので、男性だけの楽しみとでも言えるのでしょうか…。

セックスにマンネリ化を感じたら結合部を男性側に見えやすいように体位を微調整してあげると男性も興奮していつもより濃厚なセックスが楽しめるかもしれません。

おわりに

意外なところが見られていたり、見られていなかったり…。

筆者としては胸が見られていないのが意外でした。セックスに対する男女の意識の違いはこんなところにも現れますね。

知れば知るほど奥深い男女のセックス観。男性側の気持ちも知ることでお互いが最高のセックスができますように。(エミチャンカパーナ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事