アイコン タダの友達から恋愛対象に! 彼女になることを意識させる5つの仕草

2018.07.22

タダの友達から恋愛対象に! 彼女になることを意識させる5つの仕草

男友達を好きになってしまった場合、恋愛対象として見てもらうのは難しいかもしれません。タダの女友達から彼女として意識してもらうためには、今までとは違う態度で接することが大切です。今回は男性が女友達に対し、もし彼女になったら……と連想させる5つの仕草をご紹介します。

1:彼の物を借りて身につける

実はかなり効果の高いテクニック。「少し肌寒いから貸して」と彼の上着を借りたり、「ちょっと被ってみたい」と彼のキャップを被るなど、彼女しかしないような仕草に男性はグッと来るようです。とくにキャップは親しい間柄でなければ、貸し借りすることのないアイテム。2人の間もきっと縮まるハズです。

2:彼の飲み物を一口もらう

彼が、少し変わったドリンクを頼んだら「一口飲ませて」と頼んでみましょう。この時、自分だけもらうのではなくドリンクを交換するのを忘れないように。また、食べ物を交換する時は「アーン」をしてあげるのも効果的。思いがけない仕草に彼もつい意識してしまうかも!

3:彼の家にいるように振る舞う

リクライニングソファや座敷のある店で会う際は、彼の家でくつろいでるような仕草をしてみてはいかがでしょうか?  靴を脱いでソファに座ったり、クッションを抱いてみたりと、いつもと違うリラックスした振る舞いを見せることで、家でデートしたらこんな感じなんだろうな……と連想させることが大切なのです。

4:顔を近づけてスキンシップ

距離が近づいてきたら、思い切って顔同士を近づけて見るのも効果的。慣れてきたら、両手で彼の頬を触ってみてもOK! 髪を触られたり、頬をつねられるのを嫌がる男性はいますが、「顔を触られるとドキッとする!」という男性は意外と多いのです。

5.酔って女性らしい一面を見せる

普段は友達として接していても、一緒にお酒を飲んだ時は酔った勢いに任せて、女性らしい一面を見せてみてはいかがでしょうか?  この時、ワザとらしく甘えるのではなく、時々無口になってみたり、ジッと見つめたりと少し色気のある女性を演じると良いでしょう。

酔っ払って甘えるだけでは「寂しくて誰にでも甘える女」と見られてしまう可能性もあるので要注意!  普段は言えない事でも、お酒の力を借りて大胆になってみるのも良いかもしれませんね。

一度、友達認定されてしまうと、彼女候補と見てもらうことは難しいかもしれません。ほどよい隙と女性らしさを見せて、女友達から彼女に昇格しましょう!
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事