アイコン 騎乗位ばかり求めてくる彼 セックスのマンネリを防ぐには?

2018.07.10

騎乗位ばかり求めてくる彼 セックスのマンネリを防ぐには?

こんにちは。ライターの岩崎みさとです。

今回は読者の方からいただいた質問、「騎乗位が好きな彼。セックスのマンネリを防ぐには?」にお答えしていきます。

皆さんの彼氏も、セックスで騎乗位をしたがりませんか? 女性の中には「動くのが苦手」「裸をじっくり見られるのが恥ずかしい」という理由から、騎乗位に苦手意識を持っている方も多いでしょう。しかしそんな女性の気持ちとは裏腹に、騎乗位が好きな男性ってすごく多いのです。

どうして男性は騎乗位が好きなのでしょうか。いつも騎乗位ばかりをするように誘導してくる彼とのマンネリを打開する方法を考えていきましょう。

質問「騎乗位が好きな彼、セックスのマンネリを防ぐには?」

相談者:29歳/都内在住、メーカー勤務の女性

「私には付き合って1年になる彼氏がいます。彼は平日仕事が忙しく、会えるのは週末だけ。会うと必ずセックスをしています。お互いにセックスが好きで相性もいいと思うのですが、最近になってちょっと不満が出てきました。

それは彼がいつも騎乗位を求めてくることです。セックスの中盤、そろそろ挿入かな…というタイミングになると、彼は毎回私の腕を引っ張って、上に乗せようとしてくるのです。『どうしていつも私ばかり上なの?』と聞けるような雰囲気でもなく、モヤモヤしています。

彼は満足しているみたいですが、私はワンパターンなセックスにマンネリを感じています。最近は濡れなくて挿入時に痛みを感じることもあります。彼のプライドを傷つけずに違う体位に誘導する方法などあれば教えていただきたいです」

■岩崎みさとからの回答

濡れないのに騎乗位でセックス……。ツラいですよね。女性は気持ちがリラックスできていないと、すぐに体に反応が現れます。「また濡れなかったらどうしよう」という不安や緊張が、さらに「濡れにくい、濡れてもすぐに乾いてしまう」といったお悩みにつながるのです。

それでも頑張って彼の要望に応えようとしている相談者の女性は、きっと彼のことが大好きで、尽くすタイプ。彼のことを思うあまり、セックスでも遠慮する場面が多い方なのかな…と想像しました。

一生のうちで本気で好きになれる異性って何人も現れません。そんな彼と両想いになれたことってとてもステキなことですよね。とはいえ彼を気遣うあまり、本音を言えない関係は不健全。

彼を傷つけずにセックスの内容に変化をつけたいなら、「褒める技術」を身につけると役に立ちます。詳しい方法はこの記事の後半でお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

騎乗位が好きな男性の心理

そもそも、なぜ彼が騎乗位を求めるのかを紐解いていきましょう。私の経験から推測すると、男性が騎乗位を求める理由は主に3つ。

1.疲れているからラクしたい
2.セックスに自信がなく、女性にリードしてほしい
3.女性の感じる顔や胸がよく見えるので視覚的に興奮するから

彼がどんな理由で騎乗位ばかりを求めてくるのか、特定することはできませんが、おそらく上記の3つが合わさっているのかなと思いました。

セックスは男性が主導権を握ることがほとんどですよね。そのため少なからず、男性は「女性を満足させなければ!」というプレッシャーを常に感じながらセックスをしています。

そうするとたまには男性も、「受け身になりたい」「まったりとした気持ちでセックスしたい」と思うもの。そんなときにぴったりなのが、男性がリラックスできる体位である「騎乗位」なのです。

とくに相談者さんの恋人は、忙しい職場にお勤めとのことですから、恋人の前ではリラックスして甘えたいという気持ちがセックスにも表れているのかもしれません。

マンネリ解決策

とはいえ、いつも同じ体位ばかりだとセックスもマンネリしてしまいますよね。単調なセックスに流れがちなときは、「褒める技術」で男性のやる気を引き出すと効果的。

例えば、騎乗位で挿入したらすぐに、「今日はちょっと疲れちゃった…」と男性に抱き着くように前に倒れます。あなたが腰を動かすのをやめれば、自然と男性は下から突いてくるでしょう。

このとき、いつもより派手に感じる姿を見せるのがポイント。激しくあえぎ声を出したり、「そんなにされたら、もうダメ…」など言葉で伝えたりしても◎。

男性は自分が動いたことで、愛する女性が激しく感じる姿をみると、「もっと気持ちよくさせてやろう」と自信とやる気が湧いてきます。次の瞬間には、男性から攻めやすい正常位にポジションを変えて、戦闘モード全開の彼が見られるはずですよ。

またお疲れ気味の彼には、(騎乗位以外で)男性が疲れにくい体位を提案するのもいいでしょう。おすすめの体位は次の2つ。

・腰掛け対面座位…ベッドやソファに腰かけた男性に女性がまたがり、前後に腰を動かす。男性は胸に触れたり、舐めたりできて興奮します。

・添い寝バック…男女ともに同じ方向をむいたら、横向きで添い寝をするように挿入する。お互いに寝転がったまま挿入できるので、騎乗位や正常位などの合間に取り入れると、休憩代わりになって◎。

どちらの体位も男性は寝転がったり、座ったりするだけなので楽ちんです。騎乗位とは挿入の深さや角度が変わるので、女性側の快感度アップも期待できます。

体位を工夫すれば、お互いの快感のツボに気付き、これまで以上に相性ぴったりのセックスが楽しめるようになります。ぜひ自由な発想で体位のレパートリーを増やし、マンネリ知らずのセックスを手に入れてくださいね。(岩崎みさと/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事