アイコン 今更聞けない、パイズリのやり方 ヌルヌルローションを使った「挟み技」3選

2018.07.05

今更聞けない、パイズリのやり方 ヌルヌルローションを使った「挟み技」3選

胸が大きい女性ならば、男性から「パイズリをしてほしい」とお願いされた経験があるのではないでしょうか。しかし初めてパイズリをする場合、ぎこちない動きになってしまい、気持ちよくできないかも……と不安に思う女性も多いようです。今回は、初心者でも簡単にできるパイズリの体位をご紹介します。

正座スタイル

まず、滑りを良くするためにローションやボディソープをバストにたっぷり付けましょう。パイズリをしながらフェラをする場合は口に入れても安全なローションを使い、あらかじめ少量のお湯を加えて溶かしておくと口内に残りにくくなります。

ローションを胸に付けたら、男性は仰向けになりましょう。女性は男性と向かい合うように正座をし、男性の足を持ち上げ、男性のお尻を女性の太ももの上に乗せてください。

この時、男性の足は女性の腰の後ろになるように伸ばしてください。これで自然とバストの間に男性器が挟まる体勢になります。女性は両手でバストを寄せ、上半身を上下に動かすと簡単にパイズリをすることができます。

▼たっぷりサイズのおすすめローション
心地よい使用感の潤滑ゼリー。口に入れても大丈夫な成分でできています。

ペペローション 435ml ¥588
Amazonでみる

男性にまたがってもらう

次に紹介するのは、仰向けになった女性の上半身に男性がまたがり、バストの間に男性器を挟む体位です。これは男性が下半身を動かすのですが、ポイントは女性が胸を両手でしっかりと挟みこむこと。この時、バストを挟んだ手を上下に動かしたり、舌を伸ばして亀頭を刺激してあげると男性も喜びます。

オーソドックスな仁王立ち

ベッドの上に男性が仁王立ちになり、女性が膝立ちした状態で男性器を挟むと簡単にパイズリをすることができます。この時、手でバストを挟み上下するだけでなく、左右交互に上下に動かしたりして竿を刺激しましょう。

手だけで動かすのが難しいという方は、手は固定したまま上半身を上下に動かすとやりやすくなるでしょう。また、亀頭を乳首にこすりつけて焦らすのも効果的です。

バストが小さい、手で挟むと滑りやすいという方は、ブラジャーを着けたままのパイズリがオススメです。フロント部位に男性器を挟んで固定することで、軽く手で押さえるだけで簡単にパイズリをすることができます。

固定されている分、男性も動きやすくなるのでフェラを加えてあげると喜ばれるでしょう。下着に挟むときは下着の摩擦で男性器を痛めてしまうことがあるので、ローションは多めに付けてくださいね。

まとめ

男性にとってパイズリとは、テクニックよりも視覚で楽しむものだと思うそうで、パイズリでのフィニッシュにはこだわらないようです。挟めるほどバストが大きくない……いう女性でも、ローションを付けた乳首に亀頭を擦りつけるだけでも男性は興奮するのだとか。

胸の大きさをコンプレックスにせず、是非パイズリにチャレンジしてみてくださいね。(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事