アイコン 感じすぎて声が出ちゃう!なめられると気持ちいい女性の部位4選!

2017.09.16

感じすぎて声が出ちゃう!なめられると気持ちいい女性の部位4選!

前戯やセックスのとき、舌を使った愛撫はたくさんありますよね。

王道の胸、乳首、膣やクリトリスなどの部位以外にも、実はつい声が出てしまうほど気持ちいい部位があるんです。そのうち4つの部位を厳選してご紹介します。

ゾクゾクする「首筋」

首筋は、軽く触れられただけでビクッとしてしまうほど、意外と敏感な場所です。首筋を下から上にゆっくりとなめられると、ゾクゾクが止まらないでしょう。

彼の舌のザラザラとした感触や、彼の舌から感じる体温。全てがあなたの興奮材料となり、体がふるえるほどゾクゾクするはずです。
思わず声が出てしまうほど、感じやすい部位といえるでしょう。

くすぐったいけどイイ「鎖骨」

触られただけではなんともない鎖骨ですが、鎖骨に沿ってなめられると、くすぐったいのに感じてしまうんです。彼の温かい舌がはったあとは、だ液が残り、そのだ液で濡れている感覚にさらに感じてしまうでしょう。

鎖骨をペロペロとなめられるのも、セックス中の刺激になってとても気持ちがいいですよ。いつものセックスや前戯に飽きてきている方は、ぜひ鎖骨への愛撫をリクエストしてみましょう。

期待が膨らむ「おへそ」

おへそは、胸と膣の間にありますよね。そのため、おへそをなめられるとその先の愛撫への期待に、体が感じてしまうのです。おへそをペロペロとなめられたり、おへそのまわりをゆっくりとなめてもらったり。

おへそひとつにも、愛撫の仕方はさまざまです。普段は、なんともない部位ですが、興奮しているときには、性感帯へと変身しています。

彼の愛撫が適当で雑!と不満のある方は、おへそへのまわりをなめてもらうと、また違う快感を味わえますよ。

電気が走る「足」

足の裏や足の指などをなめられると、クリトリスや膣に電気が走るほど感じてしまうでしょう。

「汚い!」と思うかもしれませんが、実は足もれっきとした性感帯。前戯で膣を愛撫されているときや、正常位で突かれているとき、不意打ちでなめられると、つい声が出てしまうほど感じてしまいます。

足をなめてもらうときは、なるべく優しくなめてもらうようにすれば、くすぐったくもなくちょうどよい気持ちよさで、セックスを楽しめるでしょう。

女は全身が性感帯

王道以外の気持ちいい部位のなかに、あなたの知らないところはありましたか?
さっそく彼とのセックスに取り入れて、未開発の性感帯を発見してみてくださいね。(kuri/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事