アイコン エッチしないときも会うの?セフレとの上手な付き合い方

2017.09.11

エッチしないときも会うの?セフレとの上手な付き合い方

セフレと上手に付き合っていくには、いくつかのポイントをおさえた付き合い方をしなければなりません。

「どうやったら、セフレとうまく付き合っていけるの?」という疑問をお持ちのあなたに、セフレとの上手な付き合い方をご紹介します。

好きにならない

セフレになったきっかけは何でしたか?一緒にお酒を呑んで、そのままの流れでエッチをして関係が始まった人。大好きだけど相手には彼女がいて、エッチをしたいときだけ連絡がくる人。

一言でセフレと言っても、関係性は人それぞれですよね。しかし、セフレとの関係には、エッチが付きものです。

きっかけは何であれ、本気で相手のことを好きになってしまうと辛いのはあなた。この先もセフレとの関係を続けたいのであれば、好きにならない方があなたのためです。

エッチ以外は求めない

エッチでつながっているセフレに、「優しくしてほしい」とか「私好みの洋服を着てほしい」とか、「普通のデートがしたい」とか、いろいろと求めてはダメです。彼とあなたは身体でしかつながっていないのです。

その関係をうまく続けていくには、エッチ以外のことは求めないのが鉄則。いろいろと要求してしまうことで、彼があなたとのエッチを楽しめなくなり、関係を解消されてしまうでしょう。

連絡はマメに取らない

セフレと上手に付き合っていくには、連絡はマメに取らないことがポイント。用もないのに連絡をしたり、ちょっとしたことで電話をしたりしていては、「なに彼女ヅラしてんの?」と思われてしまいます。

そうなると、とたんにセフレの彼は面倒に感じて、あなたとの関係を解消したいと言われてしまうかもしれません。セフレとの連絡は、エッチをしたいときだけ!にしておきましょうね。

深入りしない

身体だけでつながっている関係なので、お互いに深入りしないことも大切です。
彼の携帯が鳴るたびに、「だれ?彼女?」と聞いたり、会えないと言われるたびに「だれかと会うの?!」なんて言ったり、いちいち探ってはいけません。

引かなければいけないところは、しっかりと引いて、セフレとしていつまでも必要とされる女性になりましょうね。

セフレと上手に付き合おう

セフレとは、お互いにエッチを目的とした関係です。深入りはせず、引くところは引くのがセフレの鉄則。

この先も今の関係を続けたいのであれば、しっかりとポイントをおさえておきましょう。(naomi/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事