アイコン 実は男がエッチ中に触られたくないと思っている部位・4つ

2017.08.30

実は男がエッチ中に触られたくないと思っている部位・4つ

女性が、エッチで男性に触られたくないと思う部位があるように、男性もコンプレックスを抱えていたり、自信がなかったりする部位があるようです。

全身を愛撫するのが愛、と思っていた女性は要注意!実は男性がエッチ中触られたくないと思っている部位を、ご紹介しましょう。

性感帯にはならないワキ

ワキは性感帯というより、くすぐったくて仕方ないという男性が多いよう。エッチで興奮しているときに、ワキを触れられたり攻められたりすると、くすぐったさから気が散ってしまうのかも。

また、エッチで体を動かすことで汗をかくと、ワキの臭いが気になってしまうこともあるそう。「くさい」という理由で女性に嫌われたくないと、敏感になっている男性も多いので、ワキはそっとしておいたほうがいいでしょう。

自信が持てないおしり

自分のお尻に自信があるという男性は少ないようです。そのため、お尻は絶対に触られたくないという男性は、意外と多いもの。「毛が生えているから恥ずかしい」、「たるんだお尻を攻められても感じない」など、さまざまな理由があります。

自分でケアするには難しいうえ、自分のお尻がどうなっているのか確認できないため、女性には見せたくないようです。お尻を触るくらいなら、アソコをしっかり愛撫してあげるほうが喜んでくれるでしょう。

あまり感じない乳首

多くの女性にとって性感帯のひとつである、乳首。しかし、男性にとってはあまり感じないということがあるようです。彼女が一生懸命乳首をなめてくれても、いい反応ができないと申し訳なくなるのかも。また、乳首のワキガ、つまりチチガである男性もなかにはいます。

その場合、乳首をなめると臭いだけでなく、苦みも感じるようです。自分の体臭に敏感な男性は、体臭で嫌われたくないと思っているはず。乳首が性感帯という男性以外は、触れずにいたほうが無難でしょう。

たるんだおなか

どんな男性も年齢とともに、お腹に肉がつきやすくなるよう。そして、それを気にしている人がとても多いのです。自分でたるんでいるとわかっているからこそ、好きな女性には触られたくないという恥ずかしさが強くなるのでしょう。

挿入中の興奮しているときに、自分のお腹が揺れているのを感じて、ゲンナリすることもあるようです。「お腹の肉を触られるのは恥ずかしい」という気持ちは、女性なら理解してあげられるはず。決してお肉をつかまないように、気をつけてくださいね!

男性も恥ずかしさがある

どこに触れたら気持ちいいのかは、人によってさまざま。ただ、触られたくない部位や恥ずかしさを感じる部位は共通する部分が多いので、紹介した部位はできるだけ避けたほうがいいでしょう。(cherryful/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事