アイコン どうしてセフレをつくりたがるの?「お付き合い」を嫌がる男の本音

2017.08.28

どうしてセフレをつくりたがるの?「お付き合い」を嫌がる男の本音

女性がどうしても理解できない男の考えのひとつがセフレ。今回は、彼女ではなくお手軽にセックスできる相手を求める、その本音をずばり!インタビューしてみました。
さぁ、彼らの考え方、あなたは共感できますか?それともまったく理解できないでしょうか?

付き合うのは面倒くさい

「デートをしたり、彼女の機嫌をとったり、束縛されたりっていうのが苦手。その点、セフレだったらそういう面倒なことはいっさいしなくていいんで気が楽なんですよね。」(25歳/IT関連)

恋愛が面倒くさい、という男性が最近増えている、とよく聞きます。そんな彼らにとって、恋愛のアレコレを省略したシンプルに体の関係だけのセフレは、都合がいいのでしょう。
なんだか寂しい考え方のような気がしますが、彼らには一番楽な関係なのです。

セックスだけがあうから

「今のセフレ、ぶっちゃけ、顔は好みじゃないし、性格もキツイ。でも、セックスはムチャクチャいいんです。波長があうというかなんというか。体が忘れられなくて、ずるずるセフレ関係が続いています。」(32歳/ショップ店員)

外見はタイプじゃない、性格も好きじゃない、だから彼女にはしたくない。けれどセックスは最高だからセフレにしたい。正直でわかりやすい解答です。ときにセックスの相性は、何よりも強力な絆になるのかもしれません。

特定の人に縛られたくないから

「まだ、ひとりの女性に縛られる必要はないと思ってます。色んな女性が世の中にいるのに、ひとりに決めるのはもったいない。色んな女性と色んなエッチをしたいと思います(笑)。」(27歳/雑誌編集)

モテる男ならではの本音ですね。花から花へと移ろいゆく蝶のように、コスモス、バラ、スミレ・・・さまざまな蜜の味を楽しみたいのでしょう。そんな彼が「お付き合いしたい!」と思う女性は果たしてどんな人なのか、見てみたい気もしますね。

理由なんてない。ただなんとなく

「別に理由なんてないなぁ・・・。ただ気づいたらなんとなくそういう感じになってるだけで。やりたいから、やる。それに理由っているんですかね?」(30歳/スポーツインストラクター)

お腹が空いたから食べる、喉がかわいたから飲む、というのと同じで、やりたいからやる、そこに理由はない!と言い切る男性もいました。シンプルといえばシンプルではありますが、女性にはなかなか理解できない男性特有の考え方なのかもしれません。

おわりに

インタビューしてわかったことは、結局男ってワガママなんだなっていうこと。とにかく、セフレという関係に大切なことは「割り切り」なのかもしれませんね。(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事