アイコン 実はどうでもいい!?女性の「勝負下着」に対する男の本音

2017.07.09

実はどうでもいい!?女性の「勝負下着」に対する男の本音

彼とのデートのとき、洋服と同じくらい下着にもこだわる人がいるのでは?男性は、女性が悩みに悩んで選び抜いた「勝負下着」について、いったいどう思っているのでしょうか?
今回は、勝負下着に対する男性の本音をご紹介します。

「かわいい!興奮する!」

「すげーかわいい下着だと、『俺のために下着もこだわってくれたんだなぁ。』なんて感動します。セクシーな下着でも、かわいい下着でも、俺に見せるために選んでくれたなら何でも嬉しい!大事にしようって思います!」(26歳/営業)

女性としては「勝負下着をつけてきてよかった!」と思わせてくれる意見がこれ。この反応が見たくて、私たち女性は、素敵な下着選びをするわけですから。世の男性全てが、彼のような意見でありますように!

「セックスに夢中で覚えていません・・・」

「あの、あんまり覚えてなくて・・・。部屋が暗かったり、興奮したりしているし、何より、セックスの方が印象に残ってるから、下着姿とかあんまり目に入らなくて・・・。ごめんなさい。」(20歳/学生)

かわいいというか、情けないというか、なんとも言えない意見も。確かに、電気がついた明るい部屋のもと、下着姿で長時間イチャイチャというシチュエーションは少ないかもしれません。わかってはいるのですが、やっぱり少しは目に留めておいてほしい、そう思うのが女心ですよね。

「興味ないです・・・」

「僕が見たいのは下着じゃなくて、下着の下に隠されている部分。下着なんてどうでもいいんです。なんなら、ノーブラノーパン、ウェルカムですよ!(笑)」(32歳/企画)

とても正直なご意見ですね。いさぎよいといえばいさぎよいけれど、なんとなく寂しい気もします。勝負下着でデートすることも、女性にとっては愛情表現なのですが・・・。男性にもくみ取っていただきたいものですね。とはいえ、「下着なんて気にしない!」と振り切れてしまえる人は少ないのでは?

「ちょっとひきます・・・」

「すげーワガママなのはわかってるんですけど、勝負下着でこられると、ヤル気満々なのかなと、ちょっとひいちゃうんですよね。いや、かといって下着に気を遣われないのもイヤだけど・・・。」(32歳/証券会社)

このように、ハードルの高い意見も聞かれました。「じゃあ、どうしたらいいのよ!」と言いたくなりますが、要は、わかりやすくセクシーな下着はひかれる可能性がある、ということしょう。シンプルで清潔感があり、かつ女性らしさもある下着が無難かもしれません。

男性の意見もさまざま

勝負下着、女性が力を入れるほどに男性はこだわってないのかもしれませんね。でも、気を遣わないのは、それはそれでNGかも・・・。難しいところですね。(パル吉/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事