アイコン あるある?女性が「生でしたい」と思うタイミング・4選

2017.07.04

あるある?女性が「生でしたい」と思うタイミング・4選

エッチのとき、ゴムを付けずに生でしたがる男性は多いですよね?女性のなかには、妊娠や性病のリスクを思って避ける人も多いはずですが、タイミングによっては、「ゴムなしでエッチしたいな」と思うときもあるでしょう。
今回は、「生でしたいな・・」とつい思ってしまう〝あるある〟のタイミングについてご紹介します。あなたは共感できますか?

安全日だと思っているとき

女性だって、好きな人とのエッチでは、生でつながりたいと思いますよね?彼の温もりを直接感じられる方が気持ちいいはず。しかし、妊娠したら困る状況だと理性が働いてなかなか踏み切れないものです。
きちんと基礎体温を測って、生理も予定通りにきている場合、「安全日に生でしたい!」と思うこともあるでしょう。もちろん、安全日だからといって妊娠の確率がゼロになるわけではないので、気を付けましょうね。

子どもが欲しいとき

続いては、「今すぐにでもこの人の子どもが欲しい!」と思ったとき。または、長年付き合った彼と「できちゃった結婚」になっても構わないと覚悟を決めたときなど、妊娠への不安がない場合。
「できたらどうしよう・・」という不安がない状況では、思いきり彼との生エッチを楽しめます。子どもを望んでいるときは、将来への希望と、彼の全てを受け止めたいという愛情、生でする気持ちよさで、心も体も満たされるはずです。

彼の愛情を確かめたいとき

毎回、エッチのときは必ず自分からゴムを付けて避妊する彼。妊娠しないように気を遣ってくれているのはうれしいけれど、妊娠したら困る関係なのかな?と、ふと寂しくなることもありますよね?
彼が結婚を意識しているのか、どのくらい愛情があるのかなどを確かめたいとき、生でしたいと思うかも。かたくなに避妊していた彼と直接つながったときの愛されているという実感を味わいたい人は少なくないのでは?

興奮が高まったとき

妊娠や性病への不安はあるものの、エッチの最中に興奮して理性が薄れたときに、生でしたくなることもあります。後先考えずに快楽に身を任せてしまった経験が一度くらいはあるという人は、少なくないのでは?
本能のままに乱れて、絶頂を迎えたいと思うかも。しかし、エッチのあと冷静になって、「妊娠していたらどうしよう・・」なんて不安になることも。一夜限りの恋や、その先に結婚が考えられない相手の場合は、どれだけ気分が高揚していても冷静さを保っておきたいものです。

理性を保てないときもある?

女性は、好きな男性の子どもが欲しいとき、気持ちよくなりたいときなどに本能が優先され、生でしたいと思うよう。しかし、妊娠したら困る状況であるなら、理性を保つことも大事ですよ。(hidamari/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事