アイコン 「ヤリ目」以外で男がナンパするシチュエーション・5つ

2017.06.25

「ヤリ目」以外で男がナンパするシチュエーション・5つ

ナンパをしてくる男は、下心丸出しの感じがして不快!と思う人も多いですよね。しかしなかには、性欲を満たすための「ヤリ目」以外の目的で、女性に声をかける男性がいるのだとか。
今回は、男性が「ヤリ目」以外でナンパをする理由についてご紹介します。

酔っぱらった勢いで他人に声をかけたくなった

お酒を飲んで酔っ払ったせいで、普段はできないことをやってみたくなったという人も。いつもは物静かで人見知りがちな人でも、酔っぱらうとキャラがひょう変することがありますよね?ついつい飲みすぎて気が大きくなると、行動が大胆になるよう。
とくにホテルに女性を連れ込みたいという意図はなく、ただ声をかけることを楽しんでいるようです。

罰ゲーム

ちょっとした暇つぶしや罰ゲームで、下心とは関係なくナンパをする男性も。遊ぶネタも尽きてきて、じゃんけんで負けた人がナンパするところをみんなで見て楽しんだり、チーム戦でどっちが先に成功するか競ったりすることも。
ゲーム感覚で声をかけてくるだけなので、ワンナイトを狙っているわけではなく電話番号やラインID を交換できればクリア、なんてパターンもあるようです。

飲み友だちがほしい

「なんとなく今日は男だけで飲みたくない!」「女性と飲みたいけど、キャバクラには行くのはちょっと・・・」という理由でナンパをする男性も。キャバクラやガールズバーに行くとお金がかかりますし、気の合う人がいるかどうかはわかりません。それなら自分で発掘しようというわけです。
ただ楽しくお酒が飲めたらいいという人もいるようですね。

本気の一目惚れ

「ルックスがタイプすぎて声をかけずにはいられなかった」「あまりにドストライク過ぎて仲良くなりたかった」という本気の一目惚れで声をかけてくるパターンも。一期一会を逃したくないという気持ちから、思わず行動してしまうよう。
そこまで強い気持ちがないにしても、せっかくナンパするなら自分好みの女性に声をかけたいというのが、一般的な男心かもしれませんね。

女性同伴イベントのペア探し

ライブやワークショップ、人気のビュッフェなど、女性同伴で参加するイベントのパートナー探しとしてナンパをする人も。「どうしても行ってみたいイベントがあるのに一緒に行ってくれる女性が見つからない・・・仕方ないから思い切って声をかけてみよう!」というケースです。
とはいえ、こうしたケースはあまり多くはなさそうです。

男性の真意を見極めて

すべてのナンパがヤリ目というわけではありませんが、それを判断するのはなかなか難しいもの。ナンパをしてくる男性の真意を、あなたは見抜くことができますか?(kumio/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事